クレジットカードの和解とは?

クレジットカードで和解する方法とその後の制約とは?

クレジットカードの支払いが滞り、一括で支払うことができなくなった時に取ることのできる手段の1つがクレジットカードの和解です。

 

クレジットカードの和解とは、一括で債務を支払うのではなく、最大3年程度の分割払いで支払っていけるようにすることです。

 

その分割払いの際には、完済までの利息分が免除されることが多いため、通常よりも支払総額は低く抑えることができます。

 

それでは、和解をする方法やその後の制約についてご紹介していきます!

 

クレジットカードの和解をするとは?

 

和解をする方法とは?

債務整理

返済手段として身近に知られる代表的なものが自己破産ではないでしょうか?

 

この自己破産や

  • 任意整理
  • 自己再生

など借金を返済することの総称を「債務整理」といいます。

 

任意整理

これに対し「任意整理」とは、借金を整理し返済計画を見直すことの総称を示します。

 

具体的には、借金を借入期間の取引状況から法定利息で再計算し、法定利息を超えている分を元金に充当して減額していきます。

 

これで元金がゼロにならなかった場合は、最大3年ほどでの返済計画をたてて返済する方法です。

 

なお、払いすぎがある場合はその分を過払いとして返還請求できます。

 

任意整理の「和解」という道を探る

もし、クレジットカード会社からの支払い督促を無視し続け、クレジットカード会社に裁判を起こされてしまったら、裁判所に行きクレジットカード会社と和解をしましょう。

 

和解をする方法は、裁判所へ行く際に答弁書へ「一括での返済は難しいので、毎月○万円の支払いとさせてください」という文言を書いて提出します。

 

そして、裁判ではその答弁書をもとに話し合いが行われます。
これらの知識に不安があるのであれば、和解に強い弁護士・行政書士・司法書士などに相談してみましょう。

 

和解の流れとは?

和解は裁判所を通さずに、

  • クレジットカードの支払いを滞納している債務者
  • クレジットカード会社

との間で行われます。
裁判所を通さないというところがポイントです。

 

そして目安としては約3年間の間で、クレジットカード会社へ債務を支払っていく返済計画を立てていきます。

 

クレジットカード会社に向けて受任通知を送った時点で和解が成立し、和解に沿った返済が始まっていきます。

 

和解の流れ詳細を確認しよう!

(1)正式に専門家へ依頼すると専門家から債権者(お金を貸した側)へ「受任通知書」を発送します。
弁護士に依頼した場合「弁護士介入通知」となる場合もあります。
これを送ることで、本人に対する取立てはなくなります。

 

(2)「受任通知書」を送ると専門家の元へ「取引履歴」というものが送られてきます。
これを元に返済額の再計算を行います。

 

(3)計算が終わると、返済期限を定めた「和解案(弁済案)」を作成し、債権者に送ります。
ここで今までの遅延損害金や利息のカットなども提示します。

 

(4)「和解案(弁済案)」に沿って専門家と債権者が交渉に入ります。
同意すれば無事和解となりますし、同意がなければ再び和解案を作成します。

 

(5)各債権者が和解に同意をすると「和解書」を作成し、正式に和解成立となり、和解案に沿った内容で返済開始となります。

 

和解後の返済方法とは?

和解後は、債務として残っている支払い元本を3年程度で分割して毎月支払っていくことになります。

 

その際に支払い利息はクレジットカード会社から免除されることが多いため、毎月支払うものは単純に元本を36ヶ月分に分割した金額となります。

 

利息が免除されるといだけでも、債務者にとっては嬉しいですね。

 

和解のメリットとは?

和解のメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

毎月の返済が滞っている状況では、以下のような支払い督促によって精神的な圧力を受けることも多いと思います。

  • 毎日のように自分の携帯電話へかかってくる電話
  • 電話のメッセージ機能を使って一方的に支払い督促をされる
  • 勤務先にまで電話をされる

などなど。
この精神的圧力が無くなるだけでも大きな効果です。

 

また、和解を行うことで今後の利息支払いを免除されることが多くなっています。

 

延滞額が多くなればなるほど利息負担が増え、どんなに支払っても元本が減らないという事態に陥ります。

 

和解をし、元本分だけの支払いで済むようになると、毎月の支払額も通常の返済と比べて抑えることができます。

 

和解のデメリットとは?

和解にはメリットだけではなく、デメリットも存在しています。
しっかりとデメリットを考慮した上で、クレジットカードの和解を行うか判断をしなくてはなりません。

 

記録が残ること

クレジットカードの和解を行うと、債権者のグループ会社や会社が加盟している信用保証機関に、「この人はクレジットカードの和解を行った」という記録が登録されます。

 

世間で言われているブラックリスト入りが、このことに相当します。
その情報が消えるまでの5年間は、クレジットカードの新規発行はもちろんのこと、住宅ローンやカーローンなどの各種ローンの契約もできなくなります。

 

和解の契約を破ってしまったら大変なことに!

和解の契約を破ってしまうと、取り返しのつかない事態に発展してしまいます。

 

和解後は、和解をした時に立てられた返済計画に沿って返済が行われるのですが、

  • 口座に現金を入れ忘れていたり
  • 支払日を守らない

など、返済が滞ってしまうと、債権者は債務者に対して給与などの資産の差し押さえをすることができます。

 

それは、あなただけではなくあなたの家族にも大きな影響が及ぶ事態となります。そのため、無謀な返済計画は絶対に立ててはなりません。

 

和解後の信用情報は何年で回復する?

和解をして債務の返済が完了した時点から、信用情報機関に登録された情報が消えるまでは最低5年以上かかります。
この登録された情報を5年以内に消す方法は、残念ながら現在の仕組みでは存在しません。

 

一度和解を行ったら、その情報が消えるまでずっと待っているしか方法は無いのです。
5年以上経過してしまえば、その後クレジットカードの発行申込みや、ローンの申込みを行う際に何かしらの手続きは不要です。

 

通常通り申込みを行って問題ありません。

 

金融姉妹の一言まとめ♪

金融姉妹

 

妹:クレジットカードを利用した分の支払いができなくなった時に検討したいのが和解です。

 

姉:形としては任意整理という形となり、返済計画はきちんと守る必要が出てくるので注意も必要です!