仮カードとは?

仮カード、臨時発行カードとは?

クレジットカードを今すぐに手に入れたくて、インターネットでいろいろ調べていると「仮カード」という言葉を目にしますよね。

 

もしくは即日発行しようとしたら「今日中に発行できるのは仮カードとなります」と言われてしまったことがある方もいると思います。

 

「仮カード」というのは、普段はあまり耳にすることがなく、なじみのない言葉です。
いったいこの「仮カード」、どういったモノなのでしょうか?

  • 本カード(クレジットカード)とサービス内容が違うの?
  • 審査には通ったことになるの?

などなどなど疑問は尽きませんよね。

 

今回は普段あまり目立たない「仮カード」にスポットをあてていきたいと思います!

 

仮カード

 

見たことある?仮カードとは?

「仮カード」とは「一時的に本カード(国際ブランドが付いているクレジットカード)の代わりとして発行されるカード」のことです。

 

クレジットカードを即日発行してもらおうとする時に、

  1. 即日発行は仮カードの発行のみしか対応していない場合
  2. デパートなどの即時発行キャンペーンを利用する場合
  3. 不備があって本カードを発行できない場合

などに、この仮カードを受け取ることがあります。

 

(1)即日発行は仮カードの発行のみしか対応していない場合

即日発行可能なクレジットカードとして有名なものでも、実は当日渡されるのは仮カードというケースがあります。

 

代表的なものでは、

が挙げられます。

 

上記のカードは仮カードが即日発行されますので、使える店舗は上記で言うと、

  • ビックカメラのみ
  • イオングループ系列店のみ

に限られてしまいます。

 

ですから、国際ブランドが付いた本当の意味でのクレジットカードが欲しい場合は、本カードを即日発行対応している中から選ぶしかありません!

 

本カードを即日発行してくれるクレジットカードの中で、特にオススメなのが下記の3枚です。

 

【ネット申込みできる即日発行可能なクレジットカード3枚】
1 アコムマスターカード
アコムマスターカード


2 セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル


3 エポスカード
エポスカード



その他の「即日発行できるクレジットカード一覧」はこちら!

 

 

(2)デパートなどの即時発行キャンペーンを利用する場合

例えばデパート(百貨店)やショッピングセンター、家電量販店などでは、クレジットカードの即時発行キャンペーンを行っていることがありますね。

 

通常、クレジットカードが発行されるまでは、

  1. 申し込み
  2. 審査合格
  3. 書留郵便での郵送

などの手続きで平均して2週間程度はかかりますが、即時発行キャンペーンでは申込から約30分〜1時間程度でカードを発行してもらうことができます。

 

ただし、流通系の即日発行キャンペーンの時に発行されるのは「仮カード」である場合が多いです。

 

ですから、使えるのはそのお店もしくは系列店のみということですね。

 

仮カードは、通常のクレジットカード(いわゆる「本カード」)よりも見た目が簡素で、発行店舗名とクレジットカード番号程度しか記載されていないこともあります。

 

まるでお店のポイントカードのように見えることもあります。

 

仮カードの券面

 

(3)不備があって本カードを発行できない場合

本当に即日発行が可能なクレジットカードの場合でも、仮カードの発行となってしまうケースがあります。

 

例えば、即日受取りの為にお申込み者がカードカウンターに行った時に、

  • 本人確認書類に不備がある場合
  • 銀行口座を確認できるもの(キャッシュカードまたは通帳、銀行印)を忘れてしまい、引き落とし口座の登録まで完了できない場合

等の不備がある場合です。

 

その時は、臨時の対応として、本カードではなく仮カードの発行となってしまうのでお気をつけください。

 

もちろん、カードカウンターに持っていく持ち物については、審査過程において、オペレーターさんが電話できちんと教えてくれます。

 

仮カードは本カードとはどのように違うの?

とはいえ、審査があっという間に終わってしまう分、仮カードは本カードよりもグッと機能が制限されています。

 

利用限度額がかなり低く制限されている

詳細な審査を通していないため、利用限度額は10万円程度と低めに設定されていることが多いです。

 

利用店舗が限られている

例えば、ショッピングセンター内のカウンターで申し込みをして発行された仮カードは、ほとんどの場合そのショッピングセンター内のみでしか使うことができません。

 

一部、系列の店舗であれば他店でも使えるカードもありますが、本来のクレジットカード(本カード)は利用可能店舗数など気にせずに使用できるので、それと比較してしまうとその差は歴然としていますね。

 

つまり・・・
  • お申し込みをしたその日に
  • 発行したその店舗内・系列店でのみ

利用するためのカードが、仮カードというわけです。

 

要は、どうしても今日中に、その発行した店舗や系列店でお買い物したい(カード払いしたい)という方のみが、仮カードを有効に活用できるということになります!

 

即日発行は絶対に仮カードになってしまうの?

ここまでお読み頂いて、誤解されてしまうと困るので、改めて整理しておきたいと思います。

 

即日発行できるクレジットカードにお申し込みしたら、絶対に仮カードを渡されてしまうのでしょうか?

 

ご安心ください!
むしろ一部のクレジットカードのみが仮カードを発行しているだけで、即日発行できるクレジットカード一覧で紹介している人気のカードを始めとして大半は最初から当日中に本カードを手渡してくれます

 

急ぎでカードが必要なユーザーのニーズに応えてくれている

というのも、例えば「海外旅行のためにクレジットカードを作らなければならず、出発日が迫っているのに申し込みを忘れていた」というような場合、仮カードを受け取っても意味ないですよね。

 

当然、海外で仮カードは使用できないからです。

 

なので、そういったユーザーの期待に応えて、多くのカード会社は、あえて仮カードではなく本カードを発行するようにしてくれているのですね。

 

心配な場合は

即日で「本カード」を確実に手に入れたいという方は、お申込前にコールセンターに電話して「本カードと仮カード、どちらを即日発行してもらえるのか」を確認するのも一つの方法です。

 

本カードへの切り替えは?

仮カードが発行された場合には、その後に本カードの審査に移ります。
これは通常の申し込みと同様、クレジットカード会社が個人信用情報機関に問い合わせて行う詳細な審査です。

 

審査に合格すれば後日改めて、郵送で本カードが送られてきます

 

本カード発行後は、お手持ちの仮カードは利用できません。
カード番号も違うため完全にお役御免となりますので、ハサミで切るなどして廃棄することになります。

 

仮カードを受け取った後に審査に落ちることもある!?

ここで盲点なのは、
仮カードの発行=クレジットカードの審査合格
ではないという部分です。

 

仮カードの審査はかなり緩い基準で行われています。
そのため、改めて本カード発行のための詳細な審査に入った時、仮カードの審査では問題にならなかったことが原因で引っかかってしまい、審査落ちしてしまうこともあるのです。

 

万が一、審査に落ちて本カードの発行に至らなかった場合は、その旨の連絡と、仮カード利用分の請求書が届くことになります。

 

手数料も加算されているためちょっぴり損した気分にはなりますが、ここはグッと我慢するしかありません。

 

仮カードで利用したショッピングの実績は、クレジットヒストリーにしっかり残っています。

 

たとえ今回の審査で落ちたとしても、次に改めてクレジットカード申込みをした際に、このショッピング利用実績が生きてくるのです。

 

次の審査に少しでも役に立つクレヒスが積めたと思って、前向きにとらえておきましょう。

 

ちょっと豆知識、「臨時発行カード」って何?

「本カード」とはまた違う「仮カード」の特徴を上記で解説しました。

 

ここでちょっと豆知識です。
「臨時発行カード」という名称を聞いたことはありますか?

 

「仮カード」よりさらに馴染みの薄いこのカード、はたして正体はどのようなものなのでしょうか。

 

その正体は、大丸・松坂屋にあり

「臨時発行カード」は、大丸・松坂屋で利用できるカードです。

 

臨時発行カード

 

JFRカード株式会社が発行している、

  • 大丸のクレジットカードは「DAIMARU CARD」
  • 松坂屋のカードは「マツザカヤカード」

とそれぞれ銘打たれ、VISAまたはMastar cardと提携しています。

 

この両カードは、大丸や松坂屋の店舗内にあるクレジットサービスセンターにて申し込みをすることで入会することができますが、本カードの発行にはやはり2週間前後はかかってしまいます。

 

それまでの間利用できるクレジットカードとして発行されるのが「臨時発行カード」なのです。

 

臨時発行カードの特徴
  • 即日発行され、その日からクレジット決済ができる
  • 本カード同様、利用金額に応じてクレジットカードポイントがつく
  • 獲得したポイントは、次回の買い物から利用することができる
  • 臨時発行カードの利用額とポイントは、本カードへ自動引継ぎされる
  • 大丸・松坂屋グループのみで利用可能。発行した店舗のみでなく、他店舗であってもグループなら利用することができる
  • キャッシングサービスは使えない

このように、これまで紹介してきた「仮カード」と同じような位置づけとして「臨時発行カード」が存在していることが分かります。

 

要注意!大丸マツザカヤ「仮カード」の存在

ここで注意したいのは、大丸マツザカヤカードには「臨時発行カード」とは別に「仮カード」という名称のカードも存在するということです。

 

そしてこの「仮カード」と呼ばれているものが、クレジット機能のないカードなのです。

 

大丸・松坂屋における「仮カード」は、買い物の際に発生するポイントをチャージするためのカードのことです。

 

このカードにチャージしたポイントは、クレジット機能のある「DAIMARU CARD」や「マツザカヤカード」を発行することになった場合に引き継ぐことができます。

 

ポイントをお得に貯めることができるというメリットはありますが、支払いはあくまで現金になります。

 

他社でいうところの「仮カード」とは全く違うモノですので、うっかり間違えないように気をつけてください!

 

金融姉妹の一言まとめ♪

金融姉妹

 

妹:即日発行と言いつつ仮カードが発行されるクレジットカードもありますのでご注意ください!

 

姉:とは言え仮カードになるケースの方が少ないです!今日中に本カードが欲しい方は即日発行できるクレジットカード一覧を参考にしてみてください!