学生がクレジットカード即日発行

学生、高校生、未成年でも即日でカード発行できる?

当サイトへ寄せられる質問の中に、
学生なのですがクレジットカードの即日発行はできますか?」
というものがあります。

 

または、「学生」の部分が、

となっている質問も多いです。

 

それでは、学生はクレジットカードを即日発行できるのでしょうか?
このページで解説していきます!

 

学生、高校生、未成年でもクレジットカードを即日発行できる?

 

学生でもクレジットカードを即日発行できます!

率直に書くと、学生という肩書は、即日発行とは関係ありません。

 

つまり、クレジットカードの発行条件である「18歳以上で安定した収入がある(高校生を除く)」を満たしていれば、審査に通ってクレジットカードを持てるし、即日発行も可能ということになります。

 

学生(大学生・専門学校生)の場合※高校生は不可
即日発行できる? 収入が必要?
一般カード できる⇒こちらから! 必要
学生専用カード できない(通常発行のみ) 不要(親権者の同意が必要)
家族カード できない(通常発行のみ) 不要(本会員である親の収入でOK)

 

現時点でアルバイトをしておらず無収入の学生は、一般カードだと審査に通りづらいので、学生専用カードか家族カードをお持ちになることをお勧めします。
ただし、どちらも即日対応はしていません!

 

ところで「学生」というのは、

  • 高校生
  • 大学生
  • 専門学校生
  • 短大生

など色々な立場がありますよね。

 

上記の表で大体の内容はまとまっていますが、学生のクレジットカード入会基準について、もう少し詳しく見ていきましょう!

 

学生がクレジットカードを持てる年齢は?

各クレジットカードには「入会資格」というものが設定されています。

 

「ゴールドカード」などの一部のカードの場合にはそれぞれに異なる資格が設定されていることが多いのですが、ほぼ全てのクレジットカードに共通する条件としては「18歳以上」という年齢条件が設定されています。

 

この条件を満たす存在として「大学生や専門学校生、短大生」が挙げられます。
上記の学生の場合は年齢が18歳を超えているので、入会資格があるということになります。

 

厳密には、年齢以外にも、

  • 安定した収入
  • その他カードごとの特殊な審査基準

があり、審査に通るかどうか異なってくるのですが、少なくとも大学生や専門学校生、短大生であれば、少なくとも年齢が引っかかって審査に通らないということはありません。

 

高校生は?

18歳以上だけど「高校生」ならばどうでしょうか?
高校3年生であれば、誕生日を迎えれば18歳になりますよね。

 

「以上」という言葉はその数字も含みますので、18歳となった高校3年生(個別の事情で1〜2年生でも18歳になる可能性もありますが)であればこの条件を満たすことになります。

 

しかし、全てのクレジットカードの入会資格に共通する条件として「高校生は除く」ということが明言されています。

 

つまり、18歳以上であろうが20歳を超えていようが、肩書きが高校生の場合にはクレジットカードは作れないということになります。

 

こればかりは努力次第でなんとかなる問題ではありません。
まずは高校を卒業してから、クレジットカードの審査に申し込むようにしましょう!

 

未成年は?

もう一つ気になるのは「未成年」という状況です。
世の中の多くの事柄において「未成年お断り」「未成年には販売できません」というように、ボーダーラインとして未成年という条件を利用することも多いです。

 

4年制大学であれば、浪人してなければ、そのキャンパスライフの半分は未成年になります。
この点は、クレジットカードの申し込みにおいては問題になりません。

 

あくまでも「18歳以上」が条件として提示されていますので、未成年でも18歳以上となる18歳と19歳であれば、高校生以外はカードの入会資格を満たすことになります。

 

学生でも安定収入が必要だけどアルバイトでOK?

学生がクレジットカードを作る際には、年齢以外の条件も含まれています。
その条件の一つとして「安定収入」が挙げられます。

 

具体的には、各クレジットカードの入会条件として「18歳以上で安定した収入があること」と記載されていることが多いです。

 

これは「カードローン」や「キャッシング」においても同様になります。

 

なぜ、安定した収入が必要なのでしょうか?

その理由は「クレジットカードの決済方法」にあります。

 

クレジットカードで買物をした場合、レジではクレジットカードを専用の機械にスキャンしたり、書類にサインを求められることもあります。
その際に、現金を支払う必要はありません。

 

カードで支払った買い物の代金は、一旦クレジットカード会社が立て替え払いします。
立て替え払いした金額は、設定した「分割回数(一括払いなら一回)」に応じて毎月支払っていくことになります。

 

ここで重要なのは「毎月支払っていく」ということです。

 

少し言い方を変えれば、クレジットカードでの支払いは「借金」の一種なのです。
クレジット会社が立て替え払いした代金は、借金の一形態として返済していきます。

 

例えば10万円の10回払いだと、毎月1万円+利息を支払うのですが、これは「返済」と同じ意味になります。

 

そうなると、返済のための「資金源」が必要になり、多くの場合それは「収入」という言葉で表されます。

 

しかも、場合によっては1年を超える回数で分割払することになりますので、将来的にも変わらない収入、つまり「安定した収入」が必要になるのです。

 

安定とは?

ここで気になるのは「安定した収入」の「安定」です。
何を基準として安定であるかが、この文言では読み取ることができませんね。

 

少なくとも何らかの収入源が必要になることは理解できますが、例えば「宝くじ」や「競馬」といった方法でお金を得たとして、この条件に含めることができるのでしょうか?

 

そうした方法は、残念ながら「安定した収入」とは言えません。
安定した収入とは、何らかの形で継続的に、ある程度のレベルの収入を得る方法ということになるからです。

 

学生時代のアルバイトでも安定と言える?

もう一つ気になるポイントとしては、その「雇用形態」および「自身の肩書き」です。

 

具体的には、「アルバイト」でも「正社員」と同様に安定した収入として扱われるのかどうか?ということです。

 

この点は問題ありません。
そもそも、学生だとアルバイトしか収入を得る方法が無いのですから、アルバイトではNGとされるはずがありません。

 

アルバイトの収入でOK

 

ですが、一つだけ問題があります。

 

それは、いわゆる、

  • 短期バイト
  • 単発バイト

と呼ばれるような、継続的に雇用される形態ではないアルバイトです。
この場合は、現状の収入が継続しないので、安定した収入とはみなされません。

 

親の収入を頼りにするケース

もし、短期のアルバイトしかしていない、もしくはアルバイトそのものをしていない人の場合は、「親の年収」を記載することで審査に申し込むことができる場合があります。

 

その場合でも、それを自分の収入の欄に記載するのではなく、専用の記入欄が用意されているカード会社の場合だけ適用できるということを理解しておきましょう。

 

言い換えれば、自分自身の収入に問題がある場合には、親の収入を記載できるカード会社に申し込むことを第一に考えるということになります。

 

学生専用カードという選択肢は?

学生がクレジットカードを作る場合には「学生専用カード」という選択肢もあります。

 

学生専用カードとは、文字通り「学生であることが入会条件となるクレジットカード」であり、学生であることが審査において不利になることがないカードなのです。

 

ただし、正式な呼び方は各クレジットカードおよび各カード会社によって異なります。

 

一般カードと異なる点

学生専用カードは一般カードとは異なる名称で提供されているので、当然ながらその特徴も一般カードと異なります。

 

異なるポイントとしては、

  • ショッピング利用限度額が低い
  • キャッシング枠が低い

というように、一般カードに比べて、その使用が制限されています。

 

逆に、「年会費が無料」などのように、学生専用ならではのメリットも存在する場合があります。

 

いつまで使えるの?

利用条件としては「学生である」ことが大前提となります。
なので、大学を卒業して社会人になると、学生カードは使えなくなります

 

その場合は、一般カードへのステップアップを行うことで、継続してクレジットカードを利用することが出来ます。

 

要するに、学生カードとは「社会人になってクレジットカードを持つまでの前段階」のようなものです。

 

利用枠は小さく設定されていることが多い代わりに、学生にとって使いやすいカードに仕上がっています。

 

そして、大学を卒業して社会人になったら収入も増えるので、「利用枠を増やして本格的にカードを使ってもらえる」そういったように作られているクレジットカードなのです。

 

学生専用カードのお申し込みに必要な情報

学生が、学生カードの申し込みをする際には、社会人が一般カードを申し込む時とは異なる情報を記入する必要があります。

 

具体的には、

  • 親権者
  • 実家の住所

といった情報で、収入を問われないのがポイントです。

 

その代わり、学生カードの申し込みに際して、未成年の場合には「親権者の同意」を得る必要があります。

 

つまり、学生のうち18歳もしくは19歳(順当に行けば2回生の途中まで)の場合は、通常の記入に加えて親の同意を得たということを証明する必要があるのです。

 

具体的な方法としては、申し込みに際して送られてくる書類に記載されている「親権者同意書」という項目に、必要事項を親権者に記入してもらう必要があります。

 

学生専用カードの審査は柔軟

クレジットカードの審査に落とされる場合は、主に申込者の年収など「返済能力」に疑問を抱かれた場合が多いです。

 

学生という身分だと、どうしても社会人に比べて経済力という点が弱いので、そうなると審査には通りづらいこともあります。

 

そんな時に学生専用カードが役立ちます。
学生専用カードの審査基準は、収入を問わないなど一般カードに比べてかなり柔軟に設定されているからです。

 

なぜカード会社は、多少のリスクを背負って学生専用カードを発行しているかというと、将来的に、その学生が社会人になった時に一般カードへとステップアップしてもらう為ですね。

 

「学生から社会人になる」という忙しい時期に、わざわざ新しいクレジットカードを一から作り直す程の余裕は、卒業と新入社員になることを控えている学生にとって負担となります。

 

そうなると、今持っている学生カードをそのままアップグレードする方が楽なのです。

 

カード会社からすれば、学生を見込み客に含むことができるので、将来的な顧客の増加につながります。
健全な利用をしてもらえれば、その分だけ利益を増やすこともできるのです!

 

リスクを背負ってるといっても、ショッピング枠などの利用に関する制限を設けているので、何らかのトラブルが発生しても最低限の被害で済みますからね。

 

ただし、学生自身や親権者が「ブラックリスト」の扱い(過去に金融事故を起こしていて5年未満と時間が経過していない)を受けている場合は、審査落ちの可能性が高くなってしまうことを覚悟しておきましょう!

 

ですが、学生がいきなりブラック扱いを受けることは稀であるので、通常はそこまで心配はないはずです。

 

即日発行できる学生専用カードは?

ただし即日発行できる学生専用カードはありません!
なので、通常のクレジットカードで即日発行できるものを選ぶ必要があるのは冒頭で解説した通りです。

 

学生でも即日発行できる通常のクレジットカードはこちらから!

 

金融姉妹の一言まとめ♪

金融姉妹

 

妹:アルバイトをしている学生ならクレジットカードを即日発行できるのですね!

 

姉:ただし学生専用カードは即日対応してないので、一般カードから選びましょう!