ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

このページでは「即日発行できる!と人気のビックカメラSuicaカード」についてまとめています!

 

ですが、最初に結論から書いてしまうと、
「機能的にはお勧めだけど、即日発行については微妙(仮カード発行どまり)」
なクレジットカードです。

 

ビックカメラSuicaカード

 

本当に今日中に普通のクレジットカードが欲しいのでしたら一覧から他のカードをお勧めします!

 

人気の理由まとめ

ビックカメラSuicaカードは、

  • 大手家電量販店ビックカメラの買い物でポイントが貯まりやすい
  • JR東日本の電子マネーサービスSuica付きで、チャージでポイントも貯まる
  • クレジットカード機能はビューカード(Viewカード)

この3つの機能が合体した超強力クレジットカードです。

 

Suicaにチャージするだけでもポイントが付きますので、JR運賃やその他のスイカ払いでドンドンとポイントが貯まっていきます.

 

さらにポイント還元率の高さから、雑誌の「MONOQLOのクレジットカードランキング」や「他の雑誌のクレジットカード特集」で、頻繁にランキング1位や上位を取っているくらい人気のカードです。

 

ポイント制度については2009年に改悪されてしまったのですが、それでもまだまだ人気は継続しています。

 

一応は即日対応

お申し込みしたその日のうちに発行してもらえることも人気の理由の一つなのですが、実際は後述するように機能制限された仮カード発行になってしまいます。

 

本カードが届くまでビックカメラでしか利用できないので、即日発行としてはお勧めしません。
以下、詳細を解説していきます!

 

ビックカメラSuicaカードを即日発行してみた!

こんなに多機能なビックカメラSuicaカードですが、当サイトとしては、やはり気になるのが即日発行についてですね。

  • 本当に即日発行できるのか?
  • できるとしたらかかる時間はどれくらい?
  • 必要な手続きや、本人確認書類にはどんなものがある?

などなど…百聞は一見にしかず。

 

ということで、実際にビックカメラの店舗で、ビックカメラSuicaカードの即日発行依頼をしてみました!

 

しかし、その過程で即日発行に関して2つの注意点を発見してしまいました。

 

 

(注意1)どの店舗でも即日発行できるわけじゃない

まずは自宅最寄りのビックカメラへ行きました。
家からほど近いということもあり、日頃からちょくちょく行ってはいますが、クレジットカード受付カウンターを目指すのは初めての体験です。

 

ビックカメラの店舗に向かう

 

総合案内のお姉様に場所を聞くとニコヤかに教えてくれました。

 

案内されたままに進んでいくと、会計レジよりも奥まったところに、専用のクレジットカードカウンターを発見。

 

そこにいた店員さんに、ビックカメラSuicaカードを作りたい旨を申し出ると、こちらも快く対応してくれます。

 

しかし「今日持って帰りたいんですが、即日発行してもらえますか?」と尋ねた瞬間に、店員さんはみるみる困り顔に・・・

 

そして、返ってきた答えが、 
「申し訳ございませんが、当店では即日発行することができません」

 

私は「えっ?そ、そうなんですか?でもできるってネットに書いてありましたよ」というと、

 

店員さん「はい、可能なのですが、ビックカメラSuicaを即日発行できる店舗は限られております

 

そういいながら出してくれたパンフレットには、都内で即日発行できる店舗として、

  • 池袋本店
  • 池袋本店パソコン館
  • 池袋東口カメラ館
  • アウトレット池袋東口店
  • 池袋西口店
  • 有楽町店
  • 赤坂見附駅店
  • 新宿西口店
  • 渋谷東口店
  • 渋谷ハチ公口店
  • 立川店
  • JR八王子駅店
  • アウトレット町田店

との記載がありました。
もちろん私が訪れた店舗の名前は掲載されていません。

 

なるほど、どこでも即日発行できるわけではないんですね。

 

東京以外ですと、

  • 神奈川で5店舗
  • 埼玉、千葉、群馬、茨城、北海道、新潟、愛知で各1店舗ずつ

即日発行可能な店舗があるとのことです。

 

当日すぐに持ち帰りたい場合は、お申し込み時間にも注意が必要です!
お申し込み手続きは各店ともに20時までと決められています。

 

ビックカメラの閉店時間は変えられませんので、時間には余裕を持って向かいましょう。

 

即日発行可能な池袋店に移動して申し込み

気を取り直し、そこから最も近かったビックカメラ池袋本店へ移動することにしました。
こちらへ来たのは初めてですが、さすが本店だけあり自宅最寄りの支店とは比べ物にならないくらい大きいです!

 

改めて、店員さんに「ビックカメラSuicaカードを即日発行で作りたい」と伝えると、快く受付カウンターへ案内してもらえました。
まずはホッと一安心です。

 

即日発行可能なビックカメラの店舗

 

書類の記入があるのかと思いきや、店員さんはおもむろにiPadを取出しました。
必要情報の入力はすべてこの端末上で行うそうです。

 

クレジットカードに新規加入するのは久しぶりでしたが、時代の変化を実感しました。

 

審査時間はたった30分!

アイパッド上のすべての項目にチェックと入力を終えた後は本人確認書類の提示です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 住基カード

などもOKです。
面白いところでは母子健康手帳も使えるということでした。

 

提示後に、
「約30分で仮カードの審査結果が分かりますので、その頃またお越しください」
と言われたので、いったん退席して、店内をブラつきながら待ちました。

 

その後、ピッタリ30分後に再訪したところ、無事に審査に通過していました。
本当に30分で終了していたことには驚きです。

 

銀行口座の設定

審査に通れば最後の手続き、銀行口座の設定です。
これもお申込時と同様に書類への記入は不要です!

 

なんと、銀行のキャッシュカードを備え付けの端末にシュッと通すだけで、機械が必要情報をすべて読み取ってくれるのです。

 

あっという間に引き落とし口座の設定完了。
煩わしい書類記入がほとんどないというのは本当にうれしいものですね。

 

(注意2)当日渡されるのは仮カード

これですべての申し込み手続きが終了しました。
店員さんからビックカメラSuicaカードを受けとり、無事に即日発行完了です!

 

お申し込みからカード受け取りまでの所要時間は1時間もかかっていません。
その名のとおりの即日発行でした。

 

ですが、ここで注意点の2つ目です。
先ほど渡されたビックカメラSuicaカードは何と機能性が制限された仮カードです。

 

即日発行は仮カード

  • ビックカメラでしか使えない
  • 限度額は10万円
  • Suica機能は付かない

など、機能の制約があるカードなのです。
これを本カードが郵送で送られてくるまでの約2週間使うことになります。

 

なので、すぐに本当の意味でのクレジットカードが欲しい方には、ビックカメラSuicaカードは向いていません。
一覧から本機能が使えるクレジットカードを選ぶことをお勧めします!

 

2週間後に本カードが到着

本カードは約2週間後に郵便書留で届きました。
本カード到着後は仮カードは使えなくなりますので、ハサミを入れて処分してしまってOKです。

 

以上が、ビックカメラSuicaの仮カードを即日発行する手順でした。

 

ビックカメラSuicaカードのメリットデメリット

魅力たっぷりのビックカメラSuicaカードですが「機能が多岐にわたる為、逆にお得な点が分かりにくい」という口コミもチラホラ見つかります。

 

そこで、当サイトがメリットとデメリットを分かりやすくまとめてみました。

 

メリット
年会費は実質無料!

ビックカメラSuicaは初年度の年会費が無料です。
2年目以降は477円(税抜)がかかりますが、ある方法で次年度以降の年会費も無料にできるので永久にタダで使うことができるのです。

 

その方法とは「毎年1回は必ず、ビックカメラSuicaで支払いをすること」、たったこれだけです!

 

1度でもクレジットカードを利用したら、翌年の年会費は無料になるのです。
さらに、Suicaへのチャージも利用に含まれるため、年に1回チャージするだけでもOKなんです。

 

普段のお買いものではクレジットカードを使わない層の方でも、これなら難易度低く簡単にクリアできる条件といえますね。

 

これを毎年続けることで、年会費を実質無料にすることができるので、ほぼ年会費無料と言っても過言ではないです。

 

ポイント還元率はとってもオトク

ビックカメラSuicaで貯められるポイントは2種類あります。

  1. ビックカメラで利用できる「ビックポイント」
  2. Suicaの中に電子マネーとしてチャージできたりする「ビュー・サンクスポイント」

です。

 

利用シーンによりポイント還元率はさまざま変わってくるため、整理して確認してみましょう。

 

(1)通常のクレジットカード加盟店や、公共料金の支払い

  • 1,000円につき「ビックポイント」5ポイント(5円相当)
  • 「ビューサンクスポイント」2ポイント(5円相当)
  • ポイント還元率:合計1.0%

 

(2)ビックカメラで買い物した際の支払い

  • 1,000円につき「ビックポイント」100ポイント(100円相当)
  • 「ビューサンクスポイント」2ポイント(5円相当)
  • ポイント還元率:合計10.5%

 

(3)JR東日本でのSuicaチャージ、オートチャージ、窓口での切符、定期券購入など

  • 1,000円につき「ビューサンクスポイント」6ポイント(15円相当)
  • ポイント還元率:1.5%

 

このように、ビックカメラSuicaはビックカメラ店舗とJR東日本での利用に強みを持っています。

 

他の家電量販店などでは、現金払いに比べてクレジットカード払いの際のポイント還元率が低めに設定されていることがよくありますよね
例えば、現金払いで10%、カード払いだと8%など。

 

ですが、ビックカメラSuicaカードの場合は、カード支払いでも現金払いでもポイントの付与率は10%のままで同じなんです!

 

数パーセントの差とはいえ、高額決済になりがちな家電量販店での使用ですから、かなりお得感がありますよね。

 

もちろん、カード使用分のビューサンクスポイントもつきますから、ダブル取りで合計10.5%も還元されます。

 

ビューサンクスポイント

JR東日本で「VIEWプラス」の対象商品やサービスに使用すると、ビューサンクスポイントが3倍(1.5%)になる点も見逃せません。

 

「VIEWプラス」の対象商品には、

  • 乗車券、特急券、回数券、特別企画乗車券
  • 携帯電話などによる「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券、Suica定期券
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)、オートチャージ
  • モバイルSuica(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
  • びゅう国内旅行商品

があります。

 

生活に身近な通常のチャージやオートチャージなどでも3倍になるので、ガンガン貯められそうですね。

 

Suicaへチャージできるクレジットカードの中で、年会費が実質無料で1.5パーセントの還元率を誇るのは、ビックカメラSuicaカードだけです!
JR東日本ユーザーは1枚持っているべきカードといえるでしょう。

 

ポイントの裏技

ビックカメラでは「Suica支払い」が使えるので、電子マネーSuicaで商品の支払いができます。
これを利用して、なんと11.5%という驚愕の高還元率を実現することができる裏技があります。

 

やり方は次の通り。
まず、ビックカメラSuicaカードに電子マネーSuicaをチャージ。
この時、もちろん支払いはビックカメラSuicaを使います。

 

そしてそのカードを持って、ビックカメラでお買い物をするのです。
料金はビックカメラSuicaの「電子マネーで」支払います。

 

すると、

  • Suicaチャージ分のビューサンクスポイント1.5パーセント
  • ビックカメラで付与されるビックポイント10パーセント

がともに手に入るのです!
あわせて11.5%もポイント還元される超お得な裏技です!ぜひ覚えておいてくださいね。

 

モバイルSuicaの年会費が当面無料

モバイルSuicaは、ガラケーやスマートフォンで電車・新幹線に乗れて、Suica加盟店での決済も可能なおサイフケータイサービスです。

 

通常953円(税抜)の年会費がかかりますが、ビックカメラSuicaカードを使えばこの年会費が無料になります。

 

「当面無料」ということで、いつまで無料のサービスが続くのかは分かりませんが、2008年以来長きにわたって無料となっているため今後も無料が続く可能性が高いと思われます。

 

オートチャージの便利すぎる魅力

ビックカメラSuicaの最大の魅力のひとつが、搭載されている「オートチャージ機能」です。
これは、Suicaの残高が少ない状態で自動改札機を通過すると、自動的にチャージされる機能です。

 

初期設定では残額1,000円未満になると3,000円のチャージがされるようになっています。

 

チャージされた代金はクレジットカードの請求時に支払うため、とても便利で手間いらず!
残高不足で自動改札機が閉まり足止めを食らう、あのイライラと恥ずかしさともこれでお別れできますね。

 

ルミネ商品券変更間で、さらに還元率アップ

ビューサンクスポイントは電子マネーとして使えるだけでなく、ルミネで使える「ルミネ商品券」へも交換できます。

  • 650ポイントで2,000円分
  • 1,250ポイントで4,000円分

の商品券と交換可能です。

 

この場合、チャージ、切符と定期券購入時は、なんと還元率が約1.83〜1.91%にもなります。

 

例えばJRをよく使うご主人から、お買い物好きな奥様にルミネ商品券をプレゼント…なんて使い方はいかが?奥様をおトクに喜ばせることができちゃいますね。

 

お得なキャンペーンを見逃すな!

ビックカメラSuicaカードは、定期的にオンライン入会で最大5千円以上のポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っています。

 

また、新規入会だけでなく、ホルダーに対しても期間限定のキャンペーンはたびたび行っていますので、情報をまめにチェックして見逃さないようにしましょう!

 

デメリット
Suica定期券は搭載できない

ほとんどデメリットらしいデメリットがないビックカメラSuicaカードですが、しいて言えば定期券を搭載できないところが難点といえるでしょう。

 

あくまで電子マネーをチャージして使う通常の「Suica」としてのみ使用することができます。

 

Suica定期券として使えるクレジットカードは、ビュースイカやルミネカードがあります。

 

利便性はそちらの方が高いケースもあるかもしれませんが、ポイント還元率という点ではやはりビックカメラSuicaに軍配が上がるため、定期券は別持ちするのがいいかもしれません。

 

改悪になったの?

ビックカメラSuicaカードは、2009年以前は今よりももっと人気のあるクレジットカードでした。

 

その理由はポイント制度の仕組みにありました。
当時は1,000ビックポイントをSuica電子マネー1,000円相当分に等価交換することができたのです。

 

通常、ビックカメラで買い物した代金をビックポイントで支払うと、その部分にはポイント付与は無しなのですが、代金をSuica電子マネーで支払うと、その部分にさらに「ビックポイント」が付与されます。

 

そうであれば、ビックポイントをそのまま使わずに、Suicaに変えて使いますよね。
そうすれば「ポイントでまたポイントが得られてお得」だからです。

 

つまり、ビックカメラでビックポイントを付与されたら、

  1. そのまますぐ使わずに、一旦Suica電子マネーへ変換
  2. ビックカメラでのお買い物支払いにSuicaを選択して、再びビックポイントをゲット

というような裏技を使えて、ポイントを二重取りすることができたのです。

 

ですが、残念ながら2009年に、ビックポイントとSuica電子マネーの変換レートが大きく変わり、1,500ビックポイントがSuica電子マネー1,000円相当分に充当するとなってしまいました。

 

ポイント制度の改悪にはガッカリ

 

その結果、現在では上記の要領でポイント交換行うことが事実上無意味になってしまっています。
このことをクレジットカード還元率にこだわりを持ったユーザーからは「改悪」と言われて、人気は一時期ほど爆発的なものではなくなりました。

 

ですが、それでもSuica付きクレジットカードは、他に種類が多くはありませんので、まだまだ希少性も人気も高いままとなっています!

 

金融姉妹の一言まとめ♪

金融姉妹

 

妹:Suica機能が便利だし、ビックカメラのポイントが貯まりやすいので人気のクレジットカードです!

 

姉:ですが即日発行という点では機能制限のある仮カードになってしまうので、本音を言ってしまうとお勧めできません。